生物化学研究室

教 職 員  Staffs

松浦史登 教授(理学博士) Fumito Matsuura
太田雅也 教授(博士(工学)) Masaya Ohta



   糖鎖はグルコースやガラクトースなどの単糖と呼ばれる構成単位がつながって出来上がった鎖状の分子で、ポリヌクレオチド鎖(核酸)、ポリペプチド鎖(タンパク質)についで、生命の第3の鎖と呼ばれています。糖鎖はホルモン、細菌、ウイルスなどの受容体の機能を持つこと、細胞の認識や情報の伝達、分化・増殖、細胞接着、脳神経機能など、私たち多細胞生物における重要な生命機能に関わっていることが明らかにされつつあります。さらに、糖鎖を用いる医薬品の創製など、工学的な研究も活発に行われています。このような生理機能を持つ糖鎖に関する学問分野は糖鎖生物学や糖鎖工学と呼ばれています。
 私たちはこのような糖脂質や糖タンパク質等複合糖質と呼ばれる生体物質の構成成分である糖鎖の構造を、HPLCやGC、質量分析計などを用いて分析し、更にその機能について研究しています。

 


     Works  研究テーマの詳細

メンバー

Publication

使用分析機器

生物化学研究室では、これまでに生体成分から得た多くの糖鎖構造の解析を行い、
p
-アミノ安息香酸エチルエステル標識糖鎖のHPLC 2次元 マップをデータベース化しています。

  Oligosaccharide Data Base

 このページに関するコメント、ご質問は 松浦史登教授(e-mail: infobc@bt.fubt.fukuyama-u.ac.jp)までお寄せ下さい。


同窓会


生物工学科のホームページへ戻る

生命工学部のホームページへ戻る

福山大学ホームページへ戻る